スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県知事への要望書を提出/ 「高島の不法投棄木材チップの処置に関する要望書」

12月26日午前に滋賀県庁に出向き表題の要望書を嘉田知事宛に提出した。滋賀県民3名と私の4名が参加した。提出文書は本ブログの12月25日版に掲載してあり、当日までに全国から267の賛同団体・個人が連名した。
県側の出席者は琵琶湖環境部/ 循環社会推進課・廃棄物監視取締対策室と土木交通部/ 流域政策局・河川港湾室の担当者である。県は撤去開始に至までの経過も含めて公開しない方が良いと判断したというだけで、高濃度に放射能で汚染された危険な物の撤去作業であるとの認識はなく、風によって飛散しそうなら水をかければ済むことだという。
投棄した業者については警察と相談しながら調査中であるという。
この撤去作業を実施しているのは誰なのかも明らかにせず、県の表現では「善意の第3者」であるというので、住民は飛散防止対策などを「善意の第3者」に要求すればよいのかと質したところ、そのような要求は県に言うべきであり、「善意の第3者」に求めるのはお門違いだという。
この事業の責任は県にあるのかと質すと、責任は県にはないという。ならば、なぜ、県職員3〜4名が撤去作業もしないのに現場に立ち会っているのだろう。この点も含めて嘉田知事は我々の要望事項に真摯に答えるべきだ。

現場に立つ県職員
▲撤去現場と立ち会っている県職員
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。