特別抗告通知書が届く

大津地方裁判所から「特別抗告申立通知書」が届きました。
「特別抗告申立通知書
 記録の閲覧一部不許可決定に対する準抗告申立事件について、平成27年7月6日当裁判所がなした原処分取消・閲覧一部許可の裁判に対し、同月13日検察官恒川由理子から特別抗告の申立てがあったので通知します。」

この申立により、先の裁判所の判決は執行停止となった「決定」が同時に送られてきました。
「上記の者がした記録の閲覧一部不許可決定に対する準抗告申立事件について、平成27年7月6日当裁判所がした原処分取消・閲覧一部許可の裁判に対し、検察官から特別抗告及び同裁判の執行停止を求める申立てがあったので、特別抗告裁判所の裁判があるまで、その裁判の執行を停止する。」

最高裁がこの特別抗告を即時却下することを望んでいます。もうしばらくの辛抱が必要ですが、その間も、5000トンもの汚染木材チップがどこにあるかを追求する動きを止めることなく続けます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR