スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県放射性チップ裁判第2回公判

滋賀県高島市の鴨川河川敷に放射能高レベル汚染木材チップが不法に投棄された事件の第2回公判が下記のように
開廷されます。おそらく大津地裁の最後の公判となると思います。多くの問題を残しての判決が言い渡されると思います。ぜひ傍聴にきてください。

日時:2014年12月2日(火) 午後1時半から
場所:大津地裁 別館21号法廷
    大津地裁はJR大津駅の近くです。
   傍聴席は60名弱と聞いています。先着順での傍聴券配布です。

前回の公判では、検事の起訴内容に被告はまったく反論せず、懲役2年、罰金200万円が求刑されました。
どのような理屈で、どのような判決がでるか確認しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。