スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島放射能汚染チップ不法投棄者が起訴される

本ブログで詳細に経過を記録してきた本事件が新しい局面をむかえた。10月16日の京都新聞の報じるところによると、放射能に高レベルに汚染された木材チップが高島市鴨川河川敷に不法に投棄した事件について、大津地検は首謀者を廃棄物処理法違反で起訴したという。滋賀県の不適切な対応で現地住民は多いに迷惑を受けたことは明白である。この起訴を受けて、首謀者の犯罪が解明されることもさることながら、滋賀県が公開していない事態の全容が明らかになるものと期待している。とくに、数千トンとも言われる汚染チップ全体がどこに投棄されたかを明らかにし、放射能汚染物の拡散を防ぐきっかけになることを期待する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。