スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅まきながら、滋賀県が不法投棄関係者を刑事告発

2014年3月4日に滋賀県は高島での木材チップ不法投棄関係者を刑事告発したと発表した。すでに市民団体からの告発を受けて、県警が強制捜査を開始するとの情報を得ての慌てぶりの告発である。以下の文書は滋賀県が発表したものである。
 不法投棄関係者の行為が明らかにされるだけでなく、滋賀県の無作為と不当行為が明らかになることを住民・市民として強く願う。

滋賀県発表文書
一級河川鴨川およびその周辺における木くずの不法投棄事案に関する告発について滋賀県は、一級河川鴨川の河川敷およびその周辺における木くずの不法投棄事案について、廃棄物の処理及び清掃に関する法律および河川法違反の疑いで、本日、滋賀県警察本部に告発状を提出しましたので、お知らせします。
                    
                          記
1 行為の概要
被告発人は、平成25年3月15日ころから同年4月30日ころまでの間、滋賀県高島市安曇川町下小川字北浜1105番2他地先の一級河川鴨川河川管理用通路他において、次の違法行為を行った疑いがある。
(1) 産業廃棄物である木くず合計約310立方メートルを、通路の不陸の整備を装い、長さ約573メートル、幅員最大約4.9メートル、厚さ最大約0.27メートルに亘って敷き均すなどにより、廃棄物の不法な投棄を行った。
(2) 河川の管理者である滋賀県知事の許可を受けず、かつ法定の除外事由がないのに、長さ約573メートル、幅員最大約4.9メートル、厚さ最大約0.27メートルに亘って廃棄物である木くずを敷き均し、もって、同河川区域に面
積約1,836平方メートル、体積約262立方メートル、同河川保全区域に面積約208平方メートル、体積約48立方メートルの同木くずを敷設したことにより土地の形状変更を行った。  以上


本日3月8日は「バイバイ原発きょうと」集会です。午後1時に円山野外音楽堂に集まり、歩きましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。