元東電社長の勝俣ら3名がやっと起訴されるー告訴団の長き闘い

今日2月29日に、「東京電力福島第一原子力発電所における事故に係る起訴議決事件の処遇について」が検察官の職務を行う指定弁護士から発表され、東電の社長だった勝俣らが業務上過失致死傷罪で東京地方裁判所に公判が請求されました。福島原発告訴団の長い闘いの成果です。市民環境研究所に拠点を置いた福島原発告訴団・関西の闘いでもありました。明日3月1日に関西支部のニュース最終号(第16号)を発送します。告訴団は解散し福島原発刑事訴訟支援団に発展します。告訴人の皆さんや告訴人ではなかった皆さんが支援団メンバーになってくださるようお願いします。書類など必要な方は市民環境研究所までご連絡ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR