「木材チップ事件の経過と滋賀県のお詫び」資料をお読みください

 12月19日に滋賀県議会に提出され、記者会見で公表された「一級河川鴨川およびその周辺における木くず不法投棄事案の総括」と「県民の皆様へのお詫びと約束」という文書が市民研事務所にあります。50ページ以上の書類です。ぜひお読みください。滋賀県がホームページに全文をアップしていますのでぜひおよみください。    
http://www.pref.shiga.lg.jp/d/haikibutsu/haikibutu_taisakusitu/20141219kikuzu_soukatu.html
この総括で納得できるかどうかはこれから議論しましょう。私にはとても納得できるものではありません。
告発する会が提出した県知事への質問書にはいまだ回答がありません。一日も早い回答を待っています。
スポンサーサイト

京都府選挙区の候補者は何を主張しているのか

京都府選挙区の候補者は何を主張しているのか
市民有志が作成し、京都府選挙区の全候補者に政策アンケート調査した回答が以下のサイトに掲載されている。ぜひ全候補者の政策を読んでいただき、12月14日の投票の参考にしてください。そして、投票に行きましょう。
http://1214kyoto.com/index.html 

高島放射能汚染チップ不法投棄事件裁判で有罪判決

 今日12月2日の午後、大津地裁で当刑事裁判の判決が言い渡された。被告Tに対して、懲役1年6ヶ月、罰金100万円、執行猶予3年間で保護観察付きの有罪判決であった。相変わらず傍聴席からは聞き取りにくい判決言い渡しであったので、細部については2週間後の判決分開示を待たなければならないが、告発する会の顧問弁護士によれば、保護観察付きの有罪判決はきびしい判決であるという。被告は東電から4億円を受け取り、堆肥の放射能基準である400ベクレル/kgをはるかに超えるチップを、堆肥にできるかのように振る舞って処分しようとした。しかし、そのような処分は最初から不可能であり、不法投棄しかないと承知の上で処分しようとした。引き受けた5000トンの汚染チップは北関東のいずこかで野ざらしにされていると断じた。これを処理するまでの保護観察付きの判決となった。きびしい判決であるとの顧問弁護士の感想である。
 さらにこの判決で明らかにされたのは、滋賀県のウソである。善意の第三者が投棄チップの撤去と搬出を実施したと言い続けていたが、これは真っ赤なウソで、不法投棄した本人が2000万円を支出して実施したものである。また、適正に処分されたかのような説明をしていたが、今も野ざらし状態で放置されていると断じた。ウソを平気で言い続けた嘉田県政の質の低劣さがみごとに証明されたといえる。時には事実を公表できないことがあると知事は言っていたが、ウソを言うことも正当性があると詭弁を労していただけである。現在の三日月知事にこれまでの経過を公開し、住民、県民に説明するように要望書を本日提出した。
 起訴状や判決文を精査し、この事件の真相追及の動きを強めたい。そして、この判決を契機として、放射能汚染物質の全国拡散を阻止する運動を強めたいと思った判決日である。この不法投棄に立ち向かわれた地元住民と告発運動を支持された多くの人々に感謝を込めての報告とする。
プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR