高島放射能汚染チップ不法投棄事件裁判が始まります

滋賀県高島市の鴨川河川敷に放射能高レベル汚染木材チップが不法に投棄された事件を市民が告発し、首謀者が起訴されました。その公判が11月6日に大津地裁で始まります。ぜひ傍聴に来てください。全国への放射能拡散を防ぐ運動としても大事な局面です。

日時:2014年11月6日(木) 午後1時半から
場所:大津地裁 別館21号法廷

    大津地裁はJR大津駅の近くです。
   傍聴席は70名と聞いています。午後1時にお集りください。
スポンサーサイト

高島放射能汚染チップ不法投棄者が起訴される

本ブログで詳細に経過を記録してきた本事件が新しい局面をむかえた。10月16日の京都新聞の報じるところによると、放射能に高レベルに汚染された木材チップが高島市鴨川河川敷に不法に投棄した事件について、大津地検は首謀者を廃棄物処理法違反で起訴したという。滋賀県の不適切な対応で現地住民は多いに迷惑を受けたことは明白である。この起訴を受けて、首謀者の犯罪が解明されることもさることながら、滋賀県が公開していない事態の全容が明らかになるものと期待している。とくに、数千トンとも言われる汚染チップ全体がどこに投棄されたかを明らかにし、放射能汚染物の拡散を防ぐきっかけになることを期待する。

武藤類子さん講演会ー「福島原発事故責任者を起訴せよ!」

 東京第五検察審査会の東電前会長などの不起訴は不当であるとの議決を受け、東京地検は再調査を行っています。10月は東京地検が起訴・不起訴の判断をする期日を迎える区切りかもしれません。そこで、下記の要領で告訴団団長の武藤さんの講演会を開催します。
 日時:2014年10月24日(金)午後6時30分
 会場:ハートピア京都(烏丸丸太町)
 参加費:1000円
 主催:福島原発告訴団関西支部
プロフィール

石田紀郎

Author:石田紀郎
市民研ブログへようこそ!
「市民環境研究所は、2003年3月に、地域と環境を考える市民・学生の“溜まり場”として生まれ、膝つき合わせての勉強会「環境塾」を中心に、我々を取りまくあらゆる環境問題について、市民の目の高さで考えてきました。
このブログでは、市民研に集う多くの環境関係の団体の情報を含め、新着情報を提供していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR